I/Oハブ

I/O hub

多芯ケーブル不要で最大16点のI/O接続可能耐環境性に優れ、省配線化と配線ミス防止に寄与
製品概要summary

IO-Link通信に対応したセンサ・アクチュエータ用ジャンクションボックス(IO-Linkデバイス) 上位側をIO-Linkマスタ(リモートI/O等)に接続し、下位側にセンサ・アクチュエータを接続することで、分散配置されているセンサ・アクチュエータとリモートI/O間の省配線化が可能 I/Oカードの削減も可能となり、制御盤内の省スペース化にも寄与

特長check point

IO-Linkマスタとの簡単接続

IO-Linkマスタとの接続は非シールド3線式コネクタケーブルで接続、これまでのジャンクションボックスの様に多芯ケーブルは不要となり、省配線化、コスト削減、配線工数の削減、配線ミスの防止に寄与

リモートI/Oとセンサ・アクチュエータ間の省配線

センサ・アクチュエータとリモートI/O間の配線を集約可能

防水コネクタ接続により省工数

業界で標準的に使われているコネクタにより接続
IO-Link配線、IO配線の脱着が工具なしで可能

IO-Link通信によるデータストレージ機能

IO-LinkマスタとI/Oハブは双方向通信を行っており、I/Oハブを交換した際に、I/Oハブの設定を自動的にダウンロード可能

( IO-LinkマスタがIO-Link Ver1.1以上の場合 )

IO-Link通信による識別機能

IO-Link通信では、I/Oハブの識別機能を利用可能
シリアル番号での識別により、I/Oハブの搭載されている装置やツールの個体識別に利用可能

高い耐環境性

筐体にガラス繊維強化樹脂を用い、高い耐衝撃性を実現
また、内部基板を樹脂充填し、高い耐振動性を実現

製品一覧に戻る
製品ラインナップlineup
タイプ IO点数 出力電流 接続
入力 出力 各ポート 合計
入力 16(PNP) - - - M12コネクタ
出力 - 8 0.5A 4A
入出力 合計16(I/O割付設定) 0.5A 4A
製品一覧に戻る
アプリケーション例application
  • 多芯ケーブルを用いずに多数の機器に接続
  • 金型内のセンサ/アクチュエータへの活用例
お問い合わせContact us
お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ